ニューカレドニアLoveトップへ >
2005年12月12日 本島へ戻る、カナール島





本日はグランドテール島に戻る日です。朝食のバイキングを摂りながら記憶を振り返ります。 約3日間のイルデパンの旅でしたが、本当に充実していました。今度はもっと地元の人達と触れ合えるオプショナルツアーなんかに申し込んでみたいと思います。 朝食後、チェックアウトをすませ(夕食代がすごいことになっていましたが・・)、送迎バスで空港に向かいました。



空港に到着しました。空港の周りは様々な色の花が咲いていました。しばらくして搭乗手続き(超簡易的なものですが)を済ませ、出発しました。さらばイルデパン。。



本島のマジェンタ空港に戻ってきました。ここで送迎バスに乗り込み、メリディアン・ヌメアに戻りました。



ホテルに戻ってきました。旅の最初に2泊した時は部屋の写真をほとんど撮っていなかったので、今回は撮ってまとめて 掲載します。たまに安っぽい部屋と日記で書いている人もいますが、私的には泊まるには全く問題なく快適でした。



ちょうど昼頃でしたので、ビーチのレストランにランチを食べに行きました。私はハンバーガーとビールです。 青く綺麗な海を眺めながらのランチは最高でした。是非お勧めです。その後、プールで泳ぐのもまた格別です。



午後はフリータイムですが、ホテルでまったりするのもよかったのですが、どうせならまた離島に行きたいということに なったので、ホテルの桟橋近くからタクシーボートに乗り、近くのカナール島に行きました。安くて近いのでお勧めです。



カナール島に到着しました。だいたい5分くらいだったと思います。もちろんあまりにも近いので透明度やサンゴは あまり期待していなかったのですが、実際潜ってみるとびっくり。なんと大量のサンゴが群生しています。熱帯魚もそれなりにいますし、 サンゴの量は今回の旅で一番多いんちゃう?と思ってしまうくらいありました。この水中写真が撮れないのがかなり悔やまれました。ちなみに この島ではシュノーケルコースというのがあり、シュノーケルの人気スポットのようです。

そうこう遊んでいるうちに、だんだん雲行きが怪しくなってきました。午後から元々雲が多かったので海はそれほど青くは見えませんでした。 そして急に嵐のようなスコール(+雷)が・・・しかし地元の人は気にせず潜って遊んでいます。海に雷落ちたらどうするんやろう?



そして10分くらい経過、見事に虹が出て晴れました。地元の人はわかっていたのでしょうか。嵐があったことも 忘れたかのように普通に遊んでいました。おそるべしニューカレドニア。

さて、夕方になりホテルに戻る時間になりました。今回の旅行のアクティビティはこれで終了です。最後は嵐に遭いましたが、 虹も出たことにより、見事に旅を締めくくってくれました。是非この島もいつか訪れようと思います。(今度はデジカメ水没させないように・・)



> 6日目へ  > 8日目へ